保育士の職場、転職活動について

保育士の転職

保育士の職場、広がりを見せています。

従来の職場と言えば、当然ですが保育園が中心でした。
もちろん、昔から保育園の他にも職場はありましたけれど、求人も少なく希少なという印象は強かったのではと思います。

昨今、待機児童の問題を受けて託児所・保育所が様々な施設内に開設されていますし、待遇(給与、残業問題、休日など)も少しずつ改善されてきて、潜在保育士の再びの復職を促しています。

保育士の給与アップに関しては自治体によって差があるのが現状ですから、必ずしも給与アップに繋がっているかは疑問なところもあったりはします。

しかし、保育士の待遇改善に関しては社会的な流れもありますので、今後も少しずつ進んで行くのではと思います。

保育士が働く職場として、希少性の高い求人となっているのが病棟保育士求人です。

病棟保育士になる、なりたい、という事で求人探しをされている方もいらっしゃると思います。

病棟保育士の仕事は、小児病棟などに入院中のお子さんへの遊びなど保育はもちろんのこと、ケアを行う事もあります。

長期入院をしているお子さんも多いです。

集団保育が難しいお子さんもいますから、そうした場合には個別に対応を行う必要がありますね。

治療で辛い事もやはりありますよね。
そうしたお子さん達の笑顔を見られるのは、とても大きなやり甲斐だと言います。

親御さんも、不安をお持ちになっています。
家族のケアをすることもあり、病棟保育士の仕事はとても重要性の高いものといえます。

看護師、医師とはまた違う子供達の様子を見る時間を持ちますから、その際の様子などもしっかりと連携して、病院内の医療職と情報共有することも重要な役割となります。

現在の所、病棟保育士として働くにあたって必要な資格は、保育士資格のみとなりますが、入院中のお子さんの保育を担当しますから、医療に関しての知識があると採用面接などではアピールできますよね。

求人は希少でなかなか見つけられないかも知れませんが、勉強をして準備されておくと良いかもしれませんね。

病棟保育士の求人情報の収集には転職サイトのほか、病院の採用ページもチェックされる事をオススメします。

東京都 病棟保育士求人